さっぱり味だけど栄養満点! 小松菜の浅漬け

冬が旬の小松菜は、さっぱりとした味わいから、おひたしなどの料理に使われます。

江戸時代に小松川地区で栽培されていたので、小松菜と呼ばれるようになったそうです。

小松菜は湯がいたりして食べる野菜だと思われがちですが、実は漬け菜の一種でもあります。

漬け菜とは漬物にするのに向いた葉野菜の総称です。

小松菜の浅漬け 漬物ルーム

小松菜の栄養

小松菜は緑黄色野菜の一つで、鉄分・カルシウム・ビタミンA ・ビタミンⅭが多く含まれています。

小松菜100ℊ中に鉄分は2.8㎎、カルシウムは170㎎、ビタミンAは3100㎍(β-カロテン当量)、ビタミンCは39㎎含まれています。

鉄分は貧血予防に、カルシウムは骨粗しょう症予防に効果があります。

βカロテンは体内に吸収されると、ビタミンAに変わります。ビタミンAは皮膚や粘膜・特に目の健康の強化に効果があります。

ビタミンCは美肌効果がありますね。

いずれの数値も「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」から引用しました。

小松菜を漬ける

今回は、小松菜の浅漬けをご紹介します。用意するのは小松菜2袋(約400ℊ)と調味液1.5ℓです。

小松菜は根元を切って、よく水洗いして水気を切ります。

小松菜の浅漬け 漬物ルーム

調味液のレシピ(お好みで味加減して下さい)

塩       ——————-          45ℊ 

味の素         ——————-          15ℊ

砂糖            ——————-          85ℊ 

みりん風調味料       ———          25㎖

薄口しょう油   —————          10㎖

酢               ——————-          40㎖

水               ——————-          1.5ℓ

ビニール袋に小松菜と調味液を一緒に入れて、空気を抜いて口を閉じます。

小松菜の浅漬け 漬け方 漬物ルーム

冷蔵庫で保管し、1日漬込みます。

小松菜の浅漬け 漬物ルーム

小松菜の浅漬けの完成です!さっぱりとした味に漬け上がります。

ゆず皮や唐辛子を添えてアクセントを漬けるのもいいですね。冷蔵庫で1週間程度保存できます。

詳しい漬け方は漬物カフェでご紹介しています!ぜひご覧ください。

https://www.tsukemonocafe.com/浅漬応用メニュー/小松菜の浅漬け/

Follow me!