地方の漬物 すぐき漬・千枚漬・しば漬 「京都府」

漬物情報発信の一環として、今回は京都府の漬物をご紹介します。

京都府はすぐき漬・千枚漬・しば漬が有名です。この3品は「京の三大漬物」と呼ばれています。

京都三大漬物 千枚漬け すぐき漬け しば漬 漬物ルーム

まずはすぐき漬からご紹介いたします。

すぐき漬け すぐき菜 漬物ルーム

すぐき漬はすぐき菜のかぶの皮をむいて塩漬し、その後室内で加温し乳酸発酵させた漬物です。独特の酸味があり、すぐきは漢字で酸茎と書きます。 

かぶの部分はたくあんのようにスライスし、茎の部分はみじん切りにして、しょう油を少々かけると大変美味しいそうです。

次に千枚漬をご紹介します。

千枚漬け 漬物ルーム

千枚漬は聖護院かぶをカンナで薄くスライスして樽に花形に並べながら塩漬した後、調味液・昆布と一緒に漬け込みます。

とても柔らかく、昆布のぬめりがあるのが特徴です。

最後にしば漬をご紹介します。

しば漬け 漬物ルーム

しば漬は茄子・胡瓜・赤紫蘇・ミョウガを塩漬し、乳酸発酵させた漬物です。このしば漬を「生しば漬」といいます。

現在では歯ごたえの良さや日持ちの為から乳酸発酵せずに、しょう油・酢で味付けした「しば漬風調味漬」が主流になっています。

Follow me!